ジェネリックのプロペシアと料金

スポンサードリンク

プロペシアの値段と効果

万有製薬のプロペシア

プロペシアは万有製薬のものと海外のジェネリック製品とでは値段がだいぶ違ってきます。
万有製薬のプロペシアは1錠250円しますから一か月分(30日)購入すると単純に7500円はかかりますよね。1箱はなぜか28錠入りですが。

 

しかし、この万有製薬のプロペシアを処方してもらうためには医師による診断が必要ですからし診察料が必要だったり処方料が必要になってくる場合があります。全ての費用を合算すると一回の診療に必要な料金は8000円〜8500円ぐらいかかると思っていれば問題ないでしょう。この点は病院によって違ってくるのでプロペシアの料金の他にかかる費用がどれぐらいなのかも気になるところだと思います。診察料が薬代に含まれていることもあるのでこのは病院によってバラバラですね。

 

病院によっては10000円〜15000円程度の費用が必要なところもあります。AGA治療は自由診療のため保険が適用されず治療にかかる費用も病院によって違いがあるのです。

 

初診の場合は一ヶ月分しか処方してくれなかったり、数か月分処方してくれたりとこの点にも違いがあります。数ヶ月分まとめて購入すると一ヶ月ごとに購入するよりも料金が安くなったりします。

 

 


ジェネリックのプロペシア

ジェネリックのプロペシアの料金はどれぐらいのものでしょうか?日本の病院でも海外のジェネリックのプロペシアを販売してくれるところもあります。料金は6000円ぐらいで万有製薬のものよりも安くなります。

 

個人輸入代行業者から購入する場合のプロペシアはアメリカ製、イギリス製、ニュージーランド製等様々な国のものがあります。料金も28日分で5000円ちょっとで購入できるところが多いです。こちらも2ヶ月、3か月分まとめて購入すると割引料金が適用されて費用を安く抑えることが出来ます。